お出かけ

エプソンアクアパーク品川アクセス(バリアフリー対応・坂道有り無し両方)写真で紹介!

更新日:

スポンサーリンク

本日は、JR品川駅からエプソンアクアパーク品川(現:マクセルアクアパーク品川)への最も分かりやすいアクセス方法(バリアフリー対応、坂道有り無し2パターン)を写真付きでご紹介します。また、注意事項も合わせてご紹介したいと思います。JR、京急各線品川駅からアクセス至近、大人も楽しめる水族館。是非、カップルやファミリーで出かけてみて下さい。

[st_toc]

坂道ありパターン

1.JR品川駅中央改札を目指す

JR品川駅中央改札の写真

中央改札を目指します。

2.中央改札を出たら、高輪口へ

中央改札を出たら、左手に進み高輪口へ。表示版も出ているのですぐに分かりますよ

中央改札を出たら、左手に進み高輪口へ。表示版も出ているのですぐに分かりますよ。

3.高輪口のエレベーターは、エスカレーターの右横奥にあります

すぐに高輪口が見えます。エレベーターは、エスカレーターの右手奥に。

すぐに高輪口が見えます。エレベーターは、エスカレーターの右手奥に。

 

このように張り紙もあるので分かりやすいです。駅の規模の割に小規模なので、時間帯によっては少し待ちます。

このように張り紙もあるので分かりやすいです。駅の規模の割に小規模なので、時間帯によっては少し待ちます。

4.(エレベーターorエスカレーター)を降りたら、目の前の大きな信号を渡り、品川Wingへ

写真中央前方に見えている緑色の文字の建物が、Wingです。

写真中央前方に見えている緑色の文字の建物が、Wingです。

信号横断時、道路と歩道の段差が少しだけあるので、ベビーカーや車いすの方はつんのめらないようにご注意下さい(越えられないほどの段差ではないです)。人通りが常時多いので、人通りを避けながら渡るのが少し大変かもしれません。

5.wing内を通り抜けます(スロープ有)

Wing内も、スロープ完備なので安心です。

6.通り抜けたら品川プリンスホテルの入り口が見えます

Wingを通り抜けると、左手に品川プリンス(アネックスタワー)の入り口、右手に坂道(いちょう坂)が見えます

Wingを通り抜けると、左手に品川プリンス(アネックスタワー)の入り口、右手に坂道(いちょう坂)が見えます

7.表示に従っていちょう坂を登ります

ベビーカーなら全然押せる傾斜ですが、正直しんどいです(^^;

ベビーカーなら全然押せる傾斜ですが、正直しんどいです(^^;

8.ゴール

坂道なし(アネックス棟経由)パターン

(1~6まで同じ)

7.アネックスタワーに入り、エレベーターを目指す

アネックスタワー内に入ります(写真のハートマークすぐ上に「ANNEX TOWER」という表示あります。そこにそのまま入って下さい)

ここまで来たら、右手のいちょう坂を上らずに、そのままアネックスタワー内に入ります(写真のハートマークすぐ上に「ANNEX TOWER」という表示あります。そこにそのまま入って下さい)

アネックスタワー入り口はこんな感じ

アネックスタワー入り口はこんな感じ

7.エレベーターで3Fへ

3基あるので、割とすぐ来てくれます。エレベーターの場所は一か所なので、アネックスタワーに入ったら、表示に従ってエレベーターを目指せばOKです。なお、徒歩の方は、エスカレーターがあるので、エスカレーターで3Fまで上がって下さい。

3基あるので、割とすぐ来てくれます。エレベーターの場所は一か所なので、アネックスタワーに入ったら、表示に従ってエレベーターを目指せばOKです。なお、徒歩の方は、エスカレーターがあるので、エスカレーターで3Fまで上がって下さい。

 

8.表示に従って、連絡通路を渡り、アクアパーク品川へゴール

エレベーターを降りると、館内至る所に表示があるので、それに従って進みます

エレベーターを降りると、館内至る所に表示があるので、それに従って進みます

こんな感じで、表示に従い、連絡通路も渡ります

こんな感じで、表示に従い、連絡通路も渡ります

連絡通路の先は映画館のロビーですが、そのまま入ります

連絡通路の先は映画館のロビーですが、そのまま入ります

StellarBallという、看板の方向に進みます

StellarBallという、看板の方向に進みます

アクアパーク品川に到着です!ちなみに、右手に少し見えているのがベビーカー置き場です。そのままでも、ここにベビーカーを置いても、どちらでも入館できます。

アクアパーク品川に到着です!ちなみに、右手に少し見えているのがベビーカー置き場です。そのままでも、ここにベビーカーを置いても、どちらでも入館できます。

注意事項や役立ち情報

  • 品川駅からアクアパーク品川までは完全バリアフリーで段差なく移動できますが、wingへの信号を渡る箇所は屋根がないので、雨天の場合は傘や、ベビーカーの場合レインカバーがあった方が良いです。ほんの短い区間なので、なくてもなんとかはなりますが(^^;;
  • 休日、チケットの列が混雑している場合、稀にチケットの列が外の坂道まで連なっていることがあります。この場合、坂道なしルートを選択しても再び坂道に戻されてしまうことがあります。絶対に坂道を避けたいという方は、事前にウェブでチケットを購入しておくことをお勧めします(当日の購入はできないので、前日の11:59までに購入を完了させて下さい)
  • ベビーカーは、チケット売り場横のロビーに置いてもよいですし、そのまま入館してイルカショーの時だけイルカショー会場のベビーカー置き場に置くこともできます。
  • フードコート(品川キッチン)はアネックスタワーの2Fにあります。キッズチェアも大量に置いてあり、椅子とテーブルも自由にくっつけたりできるので、子連れにはオススメです。値段も品川にしては良心的な価格です。

-お出かけ
-, ,

Copyright© トテトテ日記 , 2021 All Rights Reserved.