お出かけ

兵庫県には美味しいかにがいっぱい!知る人ぞ知る浜坂の松葉カニの秘密

更新日:

スポンサーリンク

皆さんは、兵庫県の浜坂漁港から水揚げされる、浜坂の蟹をご存知でしょうか?浜坂は、知る人ぞ知る、超一級品質の松葉カニの水揚げ地(実は水揚げ量も日本一!)であり、最強のコスパで新鮮なカニを楽しめるカニ好きの聖地なんです。

なぜ、そんな超一級品質の蟹が沢山獲れるのか、どうして浜坂の蟹のコスパが最強なのか、この記事ではその秘密を紹介したいと思います。

[st_toc]

浜坂で超一級品質の蟹が沢山獲れる理由

大山の火山灰の栄養が作る豊かな漁場

浜坂は、兵庫県の日本海側にある町で、どちらかというと鳥取県側にあります。この立地が一つのポイントで、大山の火山灰が堆積してできた栄養豊富な漁場がすぐ近くにあることで、美味しいかにが沢山育ち、水揚げされるわけですね。

日本最大の水揚げ量を誇る港ならではの最新設備

浜坂の松葉かに水揚げ量は日本一。こうした日本最大の水揚げを誇る港ならではの特色として、安定して新鮮なカニを大量に水揚げするための最新設備が整っているのも、浜坂の特色の一つ。

浜坂漁協所属のカニ操業船は、全船最新機器を搭載していると共に、大型船が多く、日本海の冬の荒れでも安定して漁ができることにより、供給量がとても安定しています。さらに、獲れたカニは活カニ用大型管理水槽で、カニが生息している海の温度と同じ温度帯を保ったまま、泥を吐かせながら活きたまま陸まで運ぶことで、高品質なカニを市場に出すことができるんですね。

漁師さんのテクニックもすごい

松葉かにというのは、だいたい水深200-600mくらいのところに生息しているらしいのですが、深いところにいる奴ほど身が詰まってウマいそうです。したがって、美味しいカニが食べたければ、深いところに生息しているカニを狙うわけですが、深いところにいるカニを底引き網で狙うには熟練のテクニックが必要。浜坂の漁師さんは、複雑な地形の深海でも網を引く高度な伝統技術が伝わっており、このような漁師さんの技術力も浜坂の蟹のレベルの高さを支えています。

浜坂の蟹のコスパが最強な理由

何てったって新鮮&かにソムリエの存在(高品質)

まず、何と言っても浜坂港に近いこと。上で、カニ用大型管理水槽というのが出てきましたが、蟹の鮮度をキープするにはそれくらいの最新設備が必要。クール宅急便や発泡スチロールに氷ではどう頑張っても太刀打ちできない。水揚げ地に近いことは圧倒的なカニ品質に直結します。

さらに、浜坂では町を挙げて美味しいカニを提供することに力を入れており、カニの目利き、調理法、歴史、文化、料理、接客など多方面に精通したかにソムリエを町を挙げて養成。町内の宿や飲食店には、かにの提供法に精通したかにソムリエがわんさかいます。

漁師さんが頑張って水揚げした蟹を、かにソムリエが引き継ぎ、かにが一番おいしく食べられる調理法で提供、という好循環により、圧倒的品質のカニ料理が提供されています。

品質に知名度が追い付いていないのが玉にキズ(行くなら今だ!!)

このようなカニ自体の品質の高さ、提供レベルの高さに対して、現状はなかなか知名度が追い付いていないのも事実(城崎や金沢、福井ならピンとくるけど、浜坂ってどこ?という方も多いです)。それゆえ、価格も上記の場所に比べると控えめとなっています。

でも、管理人は思うんです。SNSでの発信も盛んになっているこのご時世。カニ好きには浜坂ブームが来ると。ゆえに、行くなら今です!絶対いま!

まとめ

以上、浜坂で美味しいカニが水揚げされる理由と、浜坂の蟹がコスパ最強な理由についてでした。浜坂は、実はカニがそこまで好きでなかった管理人のカニ観が変わった思い出の町でもあり、ついつい熱く語ってしまいました。

管理人が泊まって、あまりの蟹のウマさに衝撃を受けた宿についてはコチラ

 

浜坂行くぜ!!!な気分になって下さった方向けに、観光情報もまとめたので良かったらコチラも見てみて下さい。


最後までお読み下さりありがとうございます。皆様が美味しい蟹に巡り合えますように!

-お出かけ
-,

Copyright© トテトテ日記 , 2021 All Rights Reserved.