お出かけ

兵庫県浜坂「澄風荘」さんの松葉かに料理が最高すぎてカニ観が変わった話

更新日:

スポンサーリンク

実はほんの10年ほど前までは、そこまでカニ好きではなかった管理人(蟹って高い割にカニ缶とかとそう変わらないじゃん!と思っていた大バカヤロウは私です…)。しかし、浜坂の「澄風荘」さんで食べた蟹があまりにも衝撃的に美味しくて美味しくて。本日は、管理人のカニ観に、コペルニクス的転回をもたらした宿、浜坂の「澄風荘(しょうふうそう)」さんについて書きたいと思います。

グルメ漫画「美味しんぼ」では山岡史郎が「ワインと豆腐に旅をさせるな」なんて言ったりしていますが、同じく旅をさせちゃあいけないんだなあ、と思ったのが浜坂のカニです。

城崎のカニ解禁情報について記事を書いたら、思いのほか多くの方にご覧頂き、調子に乗った管理人。美味しいカニを求める皆様に是非この浜坂の「澄風荘」さんという、激ウマコスパ最強の穴場情報をお伝えしたく記事にしました。とにかく美味いカニをコスパ重視で食べたいという方にオススメです!

[st_toc]

知る人ぞ知る蟹の町、浜坂にその宿はあった

澄風荘(しょうふうそう)は、兵庫県の浜坂という町にある民宿です。浜坂駅から徒歩5分ほどのところにあります。浜坂という町は、兵庫県の日本海側、どちらかというと鳥取県寄りにある漁港と温泉の町ですが、実は松葉かにの水揚げ量日本一の蟹のメッカ。その味と鮮度の確かさは、その筋の人々に誉れ高く、知る人ぞ知る蟹の町なんですね。

浜坂の蟹の鮮度が抜群な秘密についてはこちらで書いていますので良かったら見てみて下さい♪

浜坂漁港水揚げの蟹の写真
兵庫県には美味しいかにがいっぱい!知る人ぞ知る浜坂の松葉カニの秘密

スポンサーリンク 皆さんは、兵庫県の浜坂漁港から水揚げされる、浜坂の蟹をご存知でしょうか?浜坂は、知る人ぞ知る、超一級品質の松葉カニの水揚げ地(実は水揚げ量も日本一!)であり、最強のコスパで新鮮なカニ ...

カニ観を180度変える、圧巻の鮮度と料理クオリティ!

何がすごいかというと、もう鮮度と味が素晴らしいのなんの。管理人が澄風荘さんを訪問したのは、もうかれこれ10年程前かとは思うのですが、人生で衝撃を受けた料理ベスト3に入ります。

当時の管理人は大阪在住だったのですが、年末年始にかにすきとかはするわけです。でも、高い割にそこまでカニって美味しいか、いや値段程上手くないだろ、と。カニ缶も、缶詰の割に結構な値段するけれど、そこまで美味しくないなぁと。カニってコスパ悪すぎだろ、くらいの感じだったんですね。

それが、澄風荘さんでカニを食べることになったのは、当時の彼氏が蟹食いに行きたいと言ったからなんですが、その話は割愛して、縁あって澄風荘さんで食べたカニが衝撃的に旨いのなんの。今までカニが美味しくなかったのは、輸送のために冷凍したり、そもそも時間が経っていたからなんだと。カニって本当はめちゃめちゃ旨いんだ、と。

刺身、しゃぶしゃぶ、炭火焼き、蟹味噌、甲羅酒…貪るように食べて飲んで、写真撮るのも忘れ、ほんっとうに幸せなカニタイムでした。

どうやったらこの旨さと衝撃を伝えられるのか管理人の文章力では上手く書ける気がしないので、料理に関しては、宿から許可を頂いてお借りしてきた画像を載せることにしますね(汗)。(宿のリンクも記事の最後に掲載しています!)

浜坂松葉カニ生写真

、 浜坂の松葉カニは一切冷凍されることなく提供されます。この透き通る身のぷりぷり感がやばいです。食べるのに夢中で一切写真撮らなかったので、澄風荘さんのHPから画像お借りしました。

浜坂松葉カニ刺身の写真

刺身。甘い!甘いんですよ!蟹に旅をさせちゃあいかんです。家だとこうはいきません。

海老に蟹味噌の写真

海老に蟹味噌をからめて。日本酒しかないっしょ!

驚きのコスパ&かにソムリエの女将さんの温かい接客

カニプランのある宿というと、シーズン中は1人一泊3万円以上する宿も多い中(少し高級な宿になれば5~6万)、2万円代という良心的な値段で、筆舌に尽くし難い絶品カニ料理を味わうことができます(東京や大阪だと、ちょっとした割烹で松葉カニ食べたら食べるだけで一人3万以上しますからね…。でも絶対浜坂で食べた方が美味しいです。鮮度が命)。

もちろん、いくら綺麗とはいえ民宿なので、最近流行の露天風呂付客室だとかそんなものはないですが、かにソムリエの女将さんの温かい接客が管理人的にはプライスレスでしたよ。旨いものをたらふく食って、酒飲んで、寝て、あー幸せ!!という管理人のような食いしん坊さんには、絶対的にオススメです。

観光スポットも実は充実

浜坂、実は、立ち寄り湯や観光スポットもほどよく駅近にまとまっていて、その点でもオススメです。詳しくは、こちらの記事にまとめたので、「よっしゃ浜坂行くぜ!!」という方は見てみて下さい♪

まとめ

以上、管理人の蟹館を変えた宿、澄風荘のご紹介でした!回し者でもなんでもないのですが、カニ観を変えた宿ということで、つい熱く語ってしまいました(^^;

管理人の拙い文章力では伝えきれないカニや宿の素晴らしさ、是非是非、公式ホームページやじゃらん、楽天トラベルさんで見てみて下さい。最後まで読んで下さりありがとうございます!

 

澄風荘公式ホームページはコチラ

じゃらん 澄風荘のページはコチラ

楽天トラベル 澄風荘のページはコチラ

-お出かけ
-,

Copyright© トテトテ日記 , 2021 All Rights Reserved.