深爪矯正

爪の形が悪いのでセルフ矯正を始めた話。ハイポニキウムって何?育て方やセルフ矯正のポイント4か条

更新日:

スポンサーリンク

薄くて弱くて正方形…

中学生の頃からこの爪の形がものすごくコンプレックスでした。

細長くて健康的な爪を羨ましいな〜と思いつつ、

管理人
きっと遺伝だからどうしようもないんだ

と諦めモード。

ところが、ひょんなことから、爪の形はこれまでの生活習慣の問題で、矯正で治せるという話を聞いたのです。

管理人
なんですって?!

というわけで、この度セルフ矯正にチャレンジを決意した私。

この深爪矯正日記の一連のポストでは、管理人の爪の形の変化を、失敗談も含め赤裸々にレポートしていきたいと思います。

 

※セルフ矯正を進めるにあたり、すごく良かった書籍最後に追記しています(2019/3/15(矯正開始5か月半後))

[st_toc]

管理人の爪〜形が悪くて薄くて脆い

管理人の深爪の写真。見事なタテスジと形の悪さ(これでも長い方で、いつもはもっと真ん丸というか真四角です)。右手人差し指は、上手く写っていませんが先端が二枚爪になっています。押すとぐにょぐにょ曲がるペラペラの爪です…。

見事なタテスジと形の悪さ(これでも長い方で、いつもはもっと真ん丸というか真四角です。白い部分もぎりぎりまで切ってます。爪切りで。)。右手人差し指は、上手く写っていませんが先端が二枚爪になっています。押すとぐにょぐにょ曲がるペラペラの爪です…。

管理人
昔からTHE深爪(これでも自分の中では長い方)、タテスジ入りまくりの、先端を押せばグニョグニョに曲がる弱い爪でした…。

大して伸ばしてもいないのに、ちょっと油断すれば先端が二枚爪、いや何なら三枚に分岐していることも(三枚爪?)頻繁にあるという惨憺たる状況…。

こんなナチュラルな縦長爪、とっても憧れます…という写真

こんなナチュラルな縦長爪、とっても憧れます…

管理人
こんな写真のような爪だったら、マニキュアや指輪といった指先・手元のお洒落が楽しいんだろうな~

と思いながら、

管理人
きっと遺伝だから私には無理なんや…

と諦めていました。

爪の形は変えられる!?深爪は矯正できる!?

そんなある日、何を思ったか、たまたまホットペッパーを流し読みしていたところ、目に入ったのが「深爪矯正」という文字…。

管理人
巻き爪矯正とかはよく聞くけど、深爪って矯正できるの?深爪が縦長爪になれるものなの???

と、そちらのサロンのページを見てみると、たしかに三か月~半年程度で、深爪が縦長爪に変身しているではアーリマセンカ!!!

管理人
深爪って治るんだ(生まれつきじゃなかったんだ!)、形って変えられるんだ!

私もやりたい!!!!

と思った瞬間でした。

善は急げ!!と、お店の価格表を見ると、一回9800円…二週間に一回ペースで来店…

(ノД`)・゜・。

こうして、私は深爪セルフ矯正を決意したのでした。

 

理想の爪〜ハイポニキウムを伸ばして目指せ!縦長!

私が深爪セルフ矯正を決意したのは、上記のように、値段が高い(コスト面で折り合わなかった)というのが一番の理由です。

しかーし!!

管理人
それがすべてではありません(キリッ☆彡)

サロンに掲載されている写真や経過、説明文を読むに、

「(ダイエット等と同じく、プロの助けがあるに越したことはないが)仕組みさえ分かれば自力でも何とかなるのではないか」と思えたことも大きかったです。

 

深爪や形の悪い爪の矯正について調べるに、

深爪や形の悪い爪を矯正する際のキーポイントは、ずばり

「ハイポニキウムをしっかり育てて伸ばしてあげること」

でした。

ここで、

ハイポニキウムって何?

という話ですが、

ざっくりざっくり言うと、爪のピンクの部分と白い部分の境目の部分。爪のピンクの部分に異物が入らないように爪と爪の下の皮膚を繋いでいる部分です。

爪のピンクの部分に異物が入らないように、爪と皮膚をくっつけている部分で、上から見たらこんな感じ。我ながらざっくりした図(^▽^;)

爪のピンクの部分に異物が入らないように、爪と皮膚をくっつけている部分で、上から見たらこんな感じ。我ながらざっくりした図(^▽^;)

断面図。ネイルベッド(爪のピンクの部分)の先端部分がハイポニキウムです。という図解2

断面図。ネイルベッド(爪のピンクの部分)の先端部分がハイポニキウムです。

モーレツにざっくりした図ですが、なんとなーくイメージ掴んで頂けましたでしょうか?

なんとなくイメージが掴めたところで、話を戻すと、このハイポニキウムは育てることによって指先の方へどんどん伸ばすことができるんです。これによって、爪のピンクの部分がどんどん縦に伸びていき、真四角やまん丸爪が縦長爪に変身するというわけですね!

ハイポニキウム育成のポイントはこの4つ!ペラッペラの二枚爪まで治るだと?!

じゃあ、どうやったらハイポニキウムを育てられるの?という所が、深爪矯正のポイントとなってくるわけですが、これについては、いろんなサロンブログや体験談を踏まえ、次の4つがポイントという結論に。すなわち、

①爪切りからの卒業(やすりでのケア)

②徹底的な保湿(保湿によってハイポニキウムの成長も促進されるとのこと)

③爪を傷めない生活習慣(間違えて留めたホチキスの針を爪で外そうとしたり…を止めましょうね等)

④自分史上、最も爪が長い状態の維持

このうち、①と②は二枚爪の原因の解消にもなるので、①、②を徹底することで二枚爪の解消にもなるとのこと。

ただ、管理人のように深爪習慣のある方だとよくお分かり頂けるかと思うのですが、この4つ、簡単なようで深爪習慣のある人間にはホント難しいんですよね。

今までバチバチ爪切りで切っていたからヤスリのかけ方も分からないし、つい細かい作業を爪に頼ってやってしまったり…、爪の間に物が挟まる(最初のうちは特に)のが気持ち悪くて切りたい衝動に駆られる…etc

というわけで、こういった小さい壁に具体的に管理人がどう対処していったのか、もどんどん記事にしていきたいと思います。

まとめ〜セルフ深爪矯正の基本方針はコレだ!

以上、セルフ深爪矯正日記の記念すべき第一回目のポストでした。3か月我慢すればだいぶ爪の形が変わるという話なので、ブログの記事にも書いたことだしなんとか成功して終わらせるべく頑張りたいと思います。

深爪矯正のポイントは、ハイポニキウムを育てて、爪のピンクの部分を伸ばすこと。

そのために日常生活で気を付けるのは以下の4つ。

①爪切りからの卒業(やすりでのケア)

②徹底的な保湿(保湿によってハイポニキウムの成長も促進されるとのこと)

③爪を傷めない生活習慣(間違えて留めたホチキスの針を爪で外そうとしたり…を止めましょうね等)

④自分史上、最も爪が長い状態の維持

以上が本日のポイントでした。まとまりのない文章を最後までお読み頂きありがとうございます。スラっとした綺麗な爪を目指して頑張るぞー!!!


深爪矯正オススメの爪の形はスクエアオフ
深爪セルフ矯正、矯正期間中の爪の形はどうする?オススメの形はコレ!

スポンサーリンク 深爪セルフ矯正をする際は、自分でやすりで爪の形を整えていくわけですが、その際に気になるのが「どういう形に整えればよいのか?」という点です。爪の形なんて気にせず爪切りでバチバチ切ってい ...

2019/3/15追記

育爪サロン、ラメリック主宰、嶋田美津惠さんの著書「育爪のススメ」がセルフ矯正に非常におすすめです。詳細をまた追記させて下さい。

専用ネイルファイル付きで、爪の整え方からオイルの塗り方、普段の生活での過ごし方まで詳述されています。

 

-深爪矯正

Copyright© トテトテ日記 , 2021 All Rights Reserved.