生活

新潟の美味しいお米~長岡産コシヒカリはコスパ最強!魚沼産が好きなら一度は食べて♪

投稿日:

スポンサーリンク

新米のシーズンも近づいてきた今日この頃。本日は、管理人が長年食べ続けている、長岡産コシヒカリについてご紹介したいと思います。全国的な知名度のある魚沼産コシヒカリに比べて、知名度で劣る分、お買い得な銘柄。管理人のように、毎食どんぶり飯を平らげてしまうような、食いしん坊さんのいるご家庭には是非是非試して頂きたい銘柄です(米代って毎日のことでかさみますからね…)それでは始まり始まり~!

[st_toc]

長岡ってどこ?

新潟県長岡市は、下の地図のように、上手い米の代名詞として名高い、魚沼産コシヒカリの産地、新潟県魚沼市のすぐ隣に位置しています。魚沼産コシヒカリの評価の高さの要因の一つに、その気候条件がコシヒカリの生育条件に適合していることが挙げられるのですが、地図を見ても明らかなように、魚沼市と長岡市、行政区分こそ違いますが、ほぼ同じ気候条件の地区とみて差し支えない程隣接しているのがお分かり頂けるかと思います。

美味しさピカイチ、コスパ最強

この長岡産コシヒカリ、かれこれ我が家では5年程買い続けていますが、味はもう間違いありません!!!炊き立てのほっかほかがまいうーなのはもちろんのこと、冷めても甘みがあって美味しいです!米だけ食べてれば幸せになれるレベルです!

外食をしても、よっぽど米や炊き方にこだわりのあるお店(銀座季楽さんの土鍋で炊き立て佐賀錦はなかなかのお味でございました)を除き、正直自宅で食べるお米が一番ウマいと感じます(おかずや付け合わせのクオリティはプロにはかないませんが…(^^;)

最近は、米の品種改良が進み、特Aを取る銘柄も珍しくなくなってきており、管理人自身もちょっとした贈り物で小分けサイズの特A米を頂くことも多いのですが、結局は長岡産コシヒカリに戻ってきます。

味と値段のコスパがとてもいいんですよね。

我が家では、旨いコメをお得に食べたい情熱のあまり、玄米30キロを購入して自宅で5キロずつ小分けにし、家庭用精米機で毎回精米して食べているのですが、そういった家庭は少ないと思うので(笑)、白米5キロ×2(合計10キロ)を通販で購入した場合の比較でいくと、

魚沼産コシヒカリ(5キロ×2)が、7400円(税込・送料込)に対し、

長岡産コシヒカリ(5キロ×2)が、5650円(税込・送料込)と、

長岡産コシヒカリは、魚沼産コシヒカリの約75%程度の値段で購入できる値段です。

 

通販で購入がオススメ

長岡産コシヒカリを購入する場合、オススメは通販です。

スーパーだと長岡産が置いてあるかどうか分からないことと、そもそも米を5キロとか10キロ、持って帰るのが大変だからですね(^^;

我が家が長年購入しているのは、こちらの越後の米穀商高田屋さんです。17時までの注文は当日発送して下さるので、東京の我が家の場合、注文の翌日には届けて頂きいつも助かっています。割高にはなりますが、4キロサイズから送料無料で届けて下さいますので、長岡産コシヒカリ、興味持って下さった方は是非一度お試し下さいませ!

 

 

-生活

Copyright© トテトテ日記 , 2021 All Rights Reserved.